お問合わせ

  1. 日軽パネルシステム
  2. CSR
  3. 製品・技術での取り組み

製品・技術での取り組み

フロンのないミライをつくる

フロンを使わない製造方法を
国内外で確立し、地球温暖化防止に
貢献しています。

業界に先駆けた取り組み

冷媒や発泡剤として使用されているフロンガスは、二酸化炭素に比べて数千~1万倍の温室効果を持ち、またオゾン層の破壊物質として知られています。このため、世界中で削減の取り組みが推進され、日本でも2015年4月より、改正フロン法(フロン排出抑制法)によりフロンの管理が従来以上に強化されています。
断熱パネルの製造工程において、芯材を膨らます発泡剤として代替フロン(HFC)が利用されてきましたが、断熱パネルについては今般の改正フロン法での規制・削減の対象とはなっていないことから、現在でも代替フロンの使用が一般的となっています。
日軽パネルシステムでは、フロンを使用した発泡剤の代わりに、地球温暖化・オゾン層破壊の影響が非常に低いHFO(ハイドロ フルオロ オレフィン)を使用したノンフロン断熱パネルの製造方法を業界に先駆けて確立し、2016年4月からは日本国内で生産・販売する断熱パネルのすべてをノンフロン化いたしました。

※グループ会社であるニッケイ・サイアム・アルミニウム・リミテッド(タイ)では、シクロペンタンという材料を使ったノンフロン断熱パネルを生産しています。

環境負荷低減の効果

代替フロンで生産される当社製品をすべてHFOでの生産に切り替えることにより、年間およそ30万トンの二酸化炭素削減と同等の効果※1が見込まれます。

これは、杉の人工林1ヘクタール(40年生)が1年間に吸収する二酸化炭素の量※2に換算すると、およそ33,900ヘクタール(東京ドーム7200個分、山手線の内側の面積の5.3倍)の杉の木と同じ効果があります。

※1 2013年4月~2014年3月までの当社生産実績値より算出
※2 杉の人工林1ヘクタールが吸収する二酸化炭素の量=約8.8トン、林野庁ホームページより

持続可能な社会の実現を目指して

私たち日軽パネルシステムは、事業活動を通じたCSR活動を推進しています。その中でも、地球温暖化をはじめとした環境への対応は最優先事項の一つであると捉えています。 当社は、当社の事業活動における環境負荷低減や、提供する商品・サービスの環境対応を推進することで、持続可能な社会の構築に貢献することを目指します。

災害に強いミライをつくる

震災による天井崩落の被害を
軽減する耐震天井「NEQRES」で、
人々の暮らしの安全を守ります。

東日本大震災の教訓から始まった
新しい耐震天井の開発

2011年に発生した東日本大震災では、大規模空間における天井の崩落が多数発生しました。こうした状況を受け、2014年4月に建築基準法施行令の改正があり、天井脱落対策に係る基準※1が定められ、新築建築物等への適合が義務付けられました。当社は、法改正以前から大規模空間における天井崩落の問題に着目しており、いち早く新基準に対応した新耐震天井「NEQRES」を開発することに成功しました。

※1: 特定天井(天井高さ6m超、水平投影面積200m²超、単位面積質量2kg/m²超の吊り天井で、人が日常利用する場所に設置されているもの)に対する基準

貴重な生命・財産を守る耐震天井「NEQRES」

新製品「NEQRES」は、補強部材として圧縮ブレース(筋交い)を使用しています。これにより、ボルトブレースを使用していた従来工法と比較すると、約2倍の強度を実現しています。

また、ブレースの量を従来工法の4分の1まで減らすことができたため、配線などの天井スペースの有効活用が可能となりました。
当社は、この「NEQRES」を食品工場やデータセンターに加え、商業施設や公共施設などのさまざまな空間に展開し、貴重な生命・財産を守り、安全で安心な空間を提供していきます。

災害に強い製品づくり

私たちの提供する様々な空間には、生命・財産などのかけがえのないものが存在します。
高機能空間の構築にとどまらず、その機能が維持できるよう、災害に強い製品や減災対応の製品開発に取り組んでいきます。