お問合わせ

  1. 日軽パネルシステム
  2. CSR
  3. 組織統治

組織統治

当社は日軽金グループの「内部統制システム整備の基本方針」に基づき、以下の4つの目的に対して取り組みを行っています。

業務の有効性・効率性の確保

日軽金グループに属する当社および当社の子会社は日軽金グループが定める「日軽金グループ経営方針」「グループ・コンプライアンスコード」を共有し、グループ経営方針および当社の会社方針に基づき策定する中期経営計画、年度予算を目標値とし、業績管理を行っています。
また、日軽金グループの内部監査体制の中で当社子会社を含めた事業活動の有効性および妥当性についての監査を行い、必要な改善事項に取り組んでいます。

財務報告の信頼性の確保

財務報告に係る内部統制の具体的な整備・運用を実施するにあたり、内部統制規則や実施要領などを定めています。また、社長を室長とする内部統制統括室を設置し、財務報告に係る統制状況について監査し、評価と必要に応じた是正処置を行い、財務報告の信頼性を確保しています。

法令等の遵守

「グループ・コンプライアンスコード」に沿って、従業員がコンプライアンスに則った行動(法令、会社規則、企業倫理などの遵守)をとるようにしています。また、各職場単位でコンプライアンスについて考える職場ミーティングを定期的に実施し、社内における啓蒙・推進を図っています。
日軽金グループの「日軽ホットライン規則」や当社独自の内部通報制度に基づいて内部通報窓口を設置しコンプライアンスに関する問題点の解決を図るとともに、通報(相談)者を保護する体制をとっています。

資産の保全

資産の取得、使用・処分が正当な手続きおよび承認の下に実施されるために職務分掌や各種の決裁権限を規則化し、実施状況について監査役や日本軽金属・監査室による定期的なモニタリングを行っています。
また、「グループ・リスク管理規則」に基づいた日軽金グループのリスク管理体制に加わるとともに、社内にリスクマネジメント委員会を設置しリスクの早期発見および低減に取り組み、資産の保全に努めています。